紀平梨花の高校や出身学歴は?親の職業が普通のサラリーマンってほんと?4回転ジャンプも!

フィギュアスケートの女子11月10日のNHK杯で紀、紀平梨花(16)さんがシニアでの大会でいきなり優勝しました。


大会ではトリプルアクセルからトリプルトーループを見事に決めて、日本選手初のグランプリシリーズデビュー戦で優勝となりました。

トータルスコアは224.31です。

これはあの浅田真央さんや羽生結弦選手でも成しえなかった快挙だそうです。

凄いですね。

一躍有名になった紀平梨花さんのことが気になりましたので、高校や両親・家族のことなどを調べてみました。

スポンサーリンク

紀平梨花のプロフィール・出身・高校


紀平梨花(きひら りか)

生年月日:2002年7月21日

出身地:兵庫県西宮市

身長:154cm

血液型:O型

学歴:広田幼稚園 西宮市立大社小学校

西宮市立上ヶ原中学校から転校して関西大学中等部卒業

高校 N高等学校(角川の通信制高校)

紀平梨花さんの出身は兵庫県西宮市です。

3歳の時に姉とともにスケートリンクに連れられてスケートに出会い、5歳でスケート教室に入りました。

お姉ちゃんが先に習っていてその影響が強かったんですね。

他にも習い事として体操、ピアノ、バレエを習っていました。

紀平梨花さんは小さい時からかなり運動神経が良かったそうです。

特に体操が得意で逆立ちで歩き回ったり、側転も上手でした。

跳び箱は幼稚園で8段も飛べたようです。

どうやら通っていた幼稚園がヨコミネ式だそうです。

ヨコミネ式の英才教育です。

ヨコミネ式を取り入れている幼稚園はかなり体操や読み書き計算に力をいれています。

その体操教育が今のスケートに活かされているのですね。

走るのもとても速くて、幼稚園で2000mを10分以内で走っていました。

伴走の先生を5人用意しなければ、ついていけないほどだそうです。

小学生時代も、運動会では敵無しだったようです。

高校は通信制のN高等学校を選びました。

スケートに集中させるために選んだようです。

同時にavex artist academy大阪校に特待生として在籍しています。

ダンスなどのレッスンを無料で受けることができます。

スケートにはお金がかかるので、無料でレッスンが受けられるのはいいですね。

スポンサーリンク

紀平梨花の家族は?


紀平梨花さんの家族は父、母、姉です。

姉は紀平萌絵(もえ)さんでavex artist academy大阪校に姉妹で通っています。

二人揃って可愛い美人姉妹ですね。


父親の職業は普通のサラリーマンだそうです。

一般的にはフィギュアスケートをさせるにはかなりお金がかかります。

1か月に20万円~30万円ほどといわれているので、年間に300万円ほどになります。

かなりのお金がかかるのですが、紀平家では家を売ってお金を捻出したという噂もあります。

しかし普通のサラリーマンでもお給料の差は結構ありますよね。

年収400万円ぐらいが平均とはいえども、年収2000万円以上の方もいます。

紀平梨花さんのお家は兵庫県西宮市なので、結構ハイソなお金持ちの多い地域ではあります。

父親の年収はサラリーマンでも高いのかもしれませんね。

紀平梨花さんの母親は仕事どころではなく、サポートをされているようです。

スケートママは大変です。

小さい頃から習い事の送り迎えがあります。

特にスケートリンクに通うのが大変です。

朝練習と夜練習に通うのに片道1時間半ほど車でかかっています。

最近でも、普段は関西大学のスケートリンクで練習していますが、週末には兵庫県の西宮から名古屋のスケートリンクまで行っています。

車で3時間ほどかかるのです。

それを、お母さんが担当しているのです。

スケートリンクで練習中にはお母さんがスマホでフオームを撮影してくれます。

終わると悪い所などをすぐに確認できます。

家族の支えがあってこそ、一流のスケート選手が育つのですね。

紀平梨花のスケート技術・4回転ジャンプ

紀平梨花さんは今現在関西大学のスケートリンクで練習しています。

紀平梨花さんのトリプルアクセルは凄いですが、

練習ではもうすでに4回転トウループ、4回転サルコウも飛べるそうです。

来期からは、もしかしたら4回転も大会で飛ぶかもしれません。

楽しみですね。

紀平梨花の体調管理は?

紀平梨花さんはアスリートとしてとても食事に気を遣っています。

食材も自分でスーパーマーケットで選んだり、調理もします。

お弁当も自分で作ります。

得意は卵焼きです。

関西人なので卵焼きの味はどんななのかというと、白だしを使っただし巻き卵みたいな味だそうです。

現在16歳ながら、ほんとにしっかりした性格です。

お寿司を食べるときには、ごはんのしゃりを半分に減らして食べるそうです。

炭水化物に気を付けて体重を上手にコントロールしているようですね。

そして、良質なたんぱく質を摂っています。

その徹底管理が強さに結びついているのでしょう。

まとめ

紀平梨花さんはロシアのザギトア選手と同じ年で、良きライバルになるかもしれませんね。

憧れの選手は浅田真央さんです。

まだまだ若いので、浅田真央さんのようないいスケート選手になれると思います。

これからの日本女子スケートが楽しみです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする