やすだ屋パン生活骨董店の場所や営業時間などは?三重県菰野町の人生の楽園へ行きたい!

10月13日の人生の楽園に三重県菰野町の ~骨董楽しむ美味パン店~やすだ屋パン、生活骨董店が登場です。

こちらのお店はパン屋さんですが骨董の生活雑貨もいっしょに売られています。

どんなお店なのか気になります。

美味しそうなパンも食べたいですよね。

お店の名前は「やすだ屋パン、生活骨董店」で、少し隠れ家的なお店のようです。

今回は人生の楽園で紹介される「やすだ屋パン生活骨董店」の場所や営業時間などを調べてみました。

スポンサーリンク

人生の楽園~骨董楽しむ美味パン店~やすだ屋パン、生活骨董店

人生の楽園で、三重県菰野町の ~骨董楽しむ美味パン店~やすだ屋パン生活骨董店と経営者の安田龍一さん(66歳)と妻の照子さん(67歳)ご夫婦だ紹介されます。

次回は鈴鹿山脈を望む自然豊かな三重県菰野町が舞台。そんな町の住宅街に、ユニークなお店があるんです。扉を開ければ美味しい香りに包まれ、沢山の手作りパンが目に飛び込んできます。そして店内には、所狭しと器やブリキの玩具など沢山の骨董品が並んでいます。こちらは主人公・安田龍一さん(66歳)と妻の照子さん(67歳)ご夫婦がそれぞれの趣味を生かして始めた、骨董品とパンのお店です。
高校卒業後に自動車販売店で整備士として働いていた龍一さん。ある日、社内のイベントで出会った照子さんに一目惚れし交際をスタート。当時はオイルショックの頃。龍一さんは安定を求めて警察官に転職し、翌年に照子さんと結婚。2人の子どもが生まれました。龍一さんが骨董に興味を持ち始めたのは40歳頃。骨董品を紹介するテレビ番組を見て、骨董市に出かけたところ、懐かしく歴史ある物たちの魅力にはまってしまいました。以来、小遣いで買い集め、気がつけばコレクションが家に入りきらないほどに!
一方の照子さんは、子育てが一段落し、趣味でパン作りを始めていました。これまで集めに集めた骨董品を何とかできないかと考えた龍一さんは、「骨董と手作りパンを売る店を始めよう」と決意。退職金をはたいて自宅の脇に店舗を構え、2012年に、まずは照子さんが骨董とパンの店「やすだ屋」をオープン。4年後に龍一さんも合流しました。
店の営業は木曜と土曜の週二日ですが、照子さんは酵母の世話など毎日のようにパンの仕込みに追われます。こだわりは北海道産の小麦と天然酵母を使うこと。「美味しい」「他の店のものはもう食べられない」とお客さんも絶賛です。
今や地域では“天然酵母パンのお店”として大人気の「やすだ屋」ですが、店内のほとんどを占めるのは、龍一さんの骨董品。大正や明治、江戸時代の器や道具、昭和レトロの懐かしい家電製品などがずらりと並んでいます。でも残念ながら骨董品の売り上げはほとんどなし!本来、骨董品を売るのが目的だった龍一さんは、エプロン姿でパンの袋詰めやレジ打ちなどに徹し、接客担当として照子さんを手伝っています。
骨董好きの夫と、パン作りが趣味の妻。そんな2人が生み出すユニークな空間とお店を愛する地元の方々との交流を紹介します。

「やすだ屋パン、生活骨董店」の場所や営業時間

やすだ屋パン、生活骨董店の場所

住所:三重県三重郡菰野町千草3929-3

最寄り駅:近鉄 中菰野駅

営業日:毎週 木、土曜日(祭日含)

営業時間:10:00~17:30

TEL:059-394-7358

スポンサーリンク

「やすだ屋パン、生活骨董店」はどんなお店?

元警察官のご主人とパン作りが趣味の奥様が始めたレトロな骨董品が似合うパン屋さんです。

建物は平屋の古民家で隠れ家的なお店ですが、敷地が広いので車は停められそうです。

店内には所狭しとご主人が集めた骨董品が並んでいますが、ほとんど売れないそうである意味いいインテリアとなっているようです。

国産小麦100%で、天然酵母を使ったパンがたくさん並んでいて、人気のパンは塩メロンパン、塩パンです。

他にも、食パン、バタール、アップルデニッシュ、総菜パン、こしあんぱん、などがあってメニューも豊富です。

お店にはドリンクコーナーもあります。

コーヒーはお持ち帰りもできます。

スポンサーリンク

「やすだ屋パン、生活骨董店」の口コミ

食べログのぷ~ちさんが口コミしてくれています。

こだわりのパン屋さん!美味しい塩パン。

早速行ってきました。
そして、一気にはまってしまい、すでに5回ほど行ってしまってます。(笑)

306号から西に少し入るのですが、あそクリニックの信号を曲がって
昔、善舎だったところから右折の細い道が出てるのですが、
そちらにちょうど案内の看板が出ています。道なりに進むと左手に出てきます。
が!この道がとても狭いので、対向車に注意してください。
私は、初めて伺った時、地図で見ると信号からではなく、ちょうどあそクリニックの信号と、
次の消防署の信号の間から出ている道を入った方がすぐだと思い、入ってしまったのですが…
そちらは1台でもぎりぎりの、恐ろしい(笑)道でした。
306号からはお店は見えません。

火、木、土曜日のみの営業で、営業時間は10:00~17:30、
すべてのパンが出そろうのは11:30頃とのことです。

2回目はしっかり信号を曲がり、前回より楽にちゃんと行けました。(^-^)
もちろん11:30を目指しました。
でも、すでに売り切れのパンが…(≧◇≦)
なかなかたくさんの種類がそろっているときには遭遇しないかも。

お店は平屋の民家。昭和レトロな感じです。
店内にはイートインできるスペースと生活骨董品等を販売されてます。
イートインスペースは4人くらいでいっぱいになっちゃいそう。狭いです。

色々いただきましたが、私の一押しは塩パン!
底の部分がカリッとジューシー。時間が経ったら焼き直しをお勧めします!
だし巻き卵がサンドされたものもありますが、正直卵焼きは
自分が焼いた方が美味しい。(^^;)
全般的にこちらのお惣菜の味が私には合わない感じです。
なので、プレーンを買っていって自分でいろいろ挟んだりしています。

食パンもお勧めです。
薄くパリッと耳まで美味しい。噛めば噛むほど甘みを感じます。
お店で出会えないことも多いので、予約することをお勧めします。
また、全粒粉100%のものは受注生産品となっていました。

出典:https://tabelog.com

ご主人の集めた骨董品も見て楽しんで、美味しいパンも買って帰ったりできるのはほんとうに素敵なお店ですね。

人生の楽園の他のお店です。

里山カフェそらいろのたねの場所や営業時間は?石川県宝達志水町の人生の楽園!

ふくろう珈琲店へ行きたい!隠れ家喫茶店の場所や営業時間は?滋賀・大津市の人生の楽園

おさかのパンひこまさの場所と営業時間は?お取り寄せできる?岐阜県下呂市の人生の楽園

人生の楽園伊賀市メリ樹のコンフィチュール・ジャムが欲しい!お取り寄せ・ふるさと納税

人生の楽園で長浜市の「うどん馳走山石土平」が旨そう!場所や人気メニューは?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする