いとうあさこの昔若い頃は極貧生活だった!?実家ではお嬢様だったのに大学行かずに家出の過去?

遅咲きの超売れっ子女性芸人として大人気のいとうあさこさんが、黄金列伝に出演されました。

今現在に至るまでの芸能人生を語ってくれました。

今回は、いとうあさこさんの驚きの芸能人生についてまとめてみたいと思います。

今や人気バラエティー番組で引っ張りだこのいとうあさこさんですが、知られざる過去がありました。

実は若い時に家出をしていたそうなんです。

気になりますね。

スポンサーリンク

いとうあさこのプロフィール

いとうあさこ

生年月日:1970年6月10日

出身地:東京都渋谷区

身長:162cm

職業:お笑いタレント

学歴

東郷幼稚園

雙葉小学校

雙葉中学校

雙葉高等学校

いとうあさこは昔家出していた

いとうあさこさんは東京都内の実家が資産家で、裕福にな家で生まれ育ちました。

小学校からは、都内屈指のお嬢様学校で知られる雙葉小学校に通っていました。

かなりお嬢様で箱入り娘だったようですね。

どうして芸人の世界に入ったのでしょう。

きっかけは19歳の家出だったのです。

普通に実家を出て一人暮らしをするというものではなくて、実家が嫌で飛び出すような家出だったのです。

実家では、お嬢様のレールを敷いてくれていたのですが、それがなんだか嫌だったそうです。

例えば、小学4年生から6年生頃までフィギュアスケートを習っていたのですが、コーチから才能を伝えられた時にも、親は「娘は普通でいいから」と続けさせてもらえなかったそうです。

15歳の時にも、幼い頃から習っていたピアノを活かした仕事に就きたいとあさこさんは言うのですが、「普通がいい」と言われてしまったのです。

あの時代の女子の普通とは、普通に高校卒業して大学行って、少し働いてから結婚するというものでしたね。

きっとお嬢様育ちのあさこさんのご両親もそう考えていたのでしょう。

その考えにあさこさんは反発して、実家を家出しました。

それが19歳でした。

なので、大学には進学していません。

初めての彼氏が働かない?

実家を飛び出したあさこさんはその後、3畳1間の部屋を借りてホテルなどでアルバイトをし、人生初の独り暮らしをはじめました。

独り暮らしをすると、初めての彼氏ができました。

同じバイト先で働く男性との初交際でした。

ですが、この男性の経済状況がやばかったのです。

初めは、貧しいながらにも楽しく暮らしていたのですがある時から変化がありました。

付き合い初めて2か月ぐらいが経った頃、二人で温泉旅行に行ったのですが彼氏が「財布を落とした」と言ったのです。

仕方がないので、あさこさんが支払いました。

それから彼は働かなくなったそうです。

彼はアルバイトも辞めて、その後6年間働かなかったそうです・・・。

おまけに借金返済もあさこさんがしていて、800万円ほどつぎ込んだんだとか。

怖い人の取り立てもあさこさんが対応したそうです。

なんとも凄いですよね。

あさこさんは朝の6時から夜の10時頃まで働いてお金の面倒をみていたのです!

極貧生活でも楽しく彼とは暮らせていたみたいです。

今では笑い話にしていました。

これも人生勉強ですかね。

好きな男性には貢いでしまう性格なのでしょうね。

23歳ごろに彼の借金返済が落ち着いてきたことで、舞台の専門学校に通うことにしました。

普通よりも安い夜学に働きながら通いました。

あさこさんは昔から喜劇の舞台女優になりたかったそうで、いかりや長介さんや、伊東四朗さんのファンだったのです。

舞台の専門学校には1年半通いました。

舞台の専門学校時代の先生によれば、かなり色気があって優等生だったようです。

今現在とはイメージがちがうみたいです。

卒業後もミュージカル女優を目指してオーディションを受け続けました。

スポンサーリンク

女芸人への道へ

27歳の頃、舞台で自分の発言にお客さんが笑ってくれたことがきっかけで、お笑いの道に進むことにしたのです。

それと、お笑いの道のほうが有名になれるのが早いかも、と考えたようです。

舞台芸術学院の同級生と「コンビネギねこ調査隊」を結成しました。

そして、ウッチャンナンチャンや出川哲朗さんなどが所属するマセキ芸能社に入りました。

初めは売れなさそうな女コンビだったようですね。

真面目ではあったのですが、芝居がコントになったような感じであまりうけていなかったみたいです。

売れないのでお金には苦労しています。

深夜の牛丼松屋でアルバイトなどもしながらの生活でした。

30歳の時にテレビ番組「電波少年」に出演しました。

あさこさんはいきなり無人島に連れていかれて、半年間サバイバル生活をさせられたのです。

スタッフの助けもない生活は、かなりきつかったそうです。

私もこの番組はよく見ていましたが、出演されている芸人さんたちは大変そうでしたね。

この半年間が終わるとコンビとの人間関係がずれてしまったそうです。

相方とのすれ違いにより32歳でコンビ解消となりました。

相方から、「私、お笑い好きではない」と言われてかなり落ち込んだのです。

そして、ぴんの女芸人になったのです。

売れるまで辞めない!という覚悟はすごいものがありました。

ピン芸人としてやっていましたが、相変わらず生活費はアルバイトで稼ぐ日々でした。

そんな時、37歳でタッチの朝倉南の芸をはじめました。

これが売れました!

この芸が有名になるまでには時間がかかったそうですが、ネタ番組レッドカーペットに出演してから、テレビに露出する機会が増えました。

朝倉南の芸は面白かったです。

いとうあさこさんの芸ではかなり印象深いです。

これ以降だんだんとブレークしていきました。

まとめ

今では、大人気の女芸人さんで仕事が忙しくて分単位での移動になっています。

毎日のようにバラエティー番組で見かけますよね。

いとうあさこさんは結婚はどうなんでしょう。

仕事がかなり充実しているそうで、そんなに結婚願望があるようには見えませんでした。

でも、素敵な男性が現れれば結婚するかもしれませんね。

いとうあさこさんは、資産家の実家で生まれ育ちながら、家出をしてお金と男性に苦労してきました。

なんとも濃い人生だと思いました。

これからも応援したい人ですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする