ふくろう珈琲店へ行きたい!隠れ家喫茶店の場所や営業時間は?滋賀・大津市の人生の楽園

http://www.instahu.com

人生の楽園9月8日(土)放送は滋賀・大津市のふくろう珈琲店が紹介されます。

ふくろう珈琲店は自分で豆を挽いてコーヒーを入れて楽しめるのです。

お店の雰囲気もとても素敵なんです。

山間部にポツンとある雰囲気のいいコーヒー店。

かなり気になります。

今回はふくろう珈琲店について調べてみたいと思います。

珈琲豆の量り売りもあるそうです。

スポンサーリンク

人生の楽園・滋賀・大津市のふくろう珈琲店

http://www.instahu.com

今回の人生の楽園は、滋賀県大津市にあるふくろう珈琲店の浦谷裕隆さん(66歳)と妻の幸江さん(61歳)が紹介されます。

次回は、琵琶湖の南西部に広がる滋賀県大津市が舞台。家族に支えられながら憧れの珈琲店を開いた浦谷裕隆さん(66歳)と妻の幸江さん(61歳)が主人公です。
京都府出身の裕隆さんは高校卒業後、働きながら大学の夜間部に通い、教員の道へ。30歳の時に幸江さんと結婚し、2人の息子が生まれました。50代になり、定年が近づくにつれ退職後の生活について考えるようになりました。
転機になったのは、あるテレビドラマを見始めたこと。舞台となっている、ゆったりとした時間が流れる喫茶店に心を奪われ、いつしか自分もそんな店を開きたいと思うようになりました。妻の幸江さんも裕隆さんの熱意に賛同し、一緒に喫茶店巡りを始めます。そこで理想の店のイメージを固めた裕隆さん。幸江さんの実家で使っていた納屋の改築をスタートし、2014年1月、お客さんが自分で豆を挽いてコーヒーを楽しめる『ふくろう珈琲店』をオープンしました。
『ふくろう珈琲店』ではお客さんが自分で豆を挽き、サイフォンでコーヒーを淹れます。店内には豆を挽く音が響き、挽きたての香りが広がります。手間はかかりますが、そのひと時も大切な時間だと裕隆さんは話します。
ゆったりとした気分を味わえる『ふくろう珈琲店』ですが、最近では口コミでやってくるお客さんが増えました。店が忙しい時には、幸江さんや次男の源二郎さん(28歳)も手伝いに駆けつけてくれます。「ひたすら夢を追いかける人間になってしまった」と笑う裕隆さん。ともに夢を追い、支えてくれる頼もしい家族の存在に日々感謝しています。
憧れの喫茶店を開いた浦谷裕隆さんと、側で支える幸江さん。応援してくれている家族と、訪れる客とのふれあいや地域の人たちとの交流を紹介します。

人生の楽園より。

自分で好みの豆を挽いて、サイフォンで入れてゆったりといただくコーヒーは最高でしょうね。

自分で豆を挽いたことがなくても、ご主人が丁寧に指導してもらえるそうです。

安心ですね。

山間の隠れ家的喫茶店でしたが、最近では口コミでお客さんが増えているんですね。

ぜひ、ゆっくりと美味しいコーヒーをいただきたいです。

ふくろう珈琲店の場所や営業時間

http://www.instahu.com

ふくろう珈琲店(喫茶店・コーヒー専門店)

場所 滋賀県大津市桐生2-10

TEL 090-5128-8299

営業時間 9:00~18:00

金、土、日

定休日  月、火、水、木

駐車場 有り(6台ほど)

毎日開店しているわけではないんですね。

週末の金、土、日曜が営業日です。

コーヒー豆の量り売りも店内でされています。

好きな味のコーヒー豆を、家で挽いて楽しむこともできますね。

http://www.instahu.com

スポンサーリンク

ふくろう珈琲店はどんなところ?

落ち着いた雰囲気の店内は、コーヒーのいい香りが漂っています。

ふくろう珈琲店という名前ですが、店内にふくろうがいるカフェではありませんよ。

お皿などにふくろうの絵がついているんですね。

でもふくろうのモチーフが似合うお店のイメージですね。

コーヒーの名前も面白いです。

ふくろうブレンド 400円

みみずくブレンド 400円

他にも8種類ほどのコーヒー豆の種類が用意されています。

おいしいコーヒーの他にも、紅茶もあるんですね。

http://www.instahu.com

自家製のピザとチーズカレーは店内のピザ窯で焼いています。

ご主人が友人たちと作った窯なんだそうです。

http://www.instahu.com

ピザもとっても美味しそうです。

米粉をブレンドして生地から作ったこだわりのピザです。

http://www.instahu.com

冬になれば、店内にある薪ストーブに火が入っていい雰囲気です。

春から夏にかけてはアイスコーヒーも用意されています。

ぜひ、行ってみたいですね。

ふくろう珈琲店の口コミ

ふくろう珈琲店の詳しい口コミがありましたので参考にどうぞ。

自分で美味しい珈琲が淹れられる、のどかな場所にあるカフェ

土曜日のカフェタイムに妻と二人で利用しました。
お店は大津市の郊外にあり、自動車でないとアクセスは難しいでしょう(路線バスの停留所が近くにあるので、バスでのアクセスは一応可能と思います)。
草津川の堤防から少し下ったところにお店はあります。外観は典型的な古民家といった雰囲気で、前に5-6台くらいの駐車スペースがあります。
お店は7-8席ほどのカウンターと、テーブル席が幾つかで構成されています。木材で構成された広めの空間に、蓄音機などのレトロなインテリアが配置されており、古民家カフェの中でも渋めの雰囲気です。清潔にされており過ごしやすいです。
来店直後は初老と思しきご主人一人でしたが、暫くして女性と若い男性との三人体制になりました。特に珈琲を淹れる際に皆さん小まめに声を掛けて下さったのが有り難かったです。
先客は小学生くらいのお子さんを連れた家族連れと、中年のご夫婦、後で若いカップルと女性二人、常連と思しき男性が来られました。
豆によって幾つかの種類がある中、深煎りの珈琲をお願いしました。
このお店の特筆すべき点として、珈琲豆を自分で挽いて、好みの濃さに淹れられる点があります。まず珈琲豆がミルに入った状態で提供されます。それをミルを用いて細かく砕き、サイフォンに移し、アルコールランプに点火しお湯を注いで珈琲が出来上がるのを待ちます。ミル引き後の珈琲の香り、サイフォンから熱湯が立ち上がる過程の面白さ、時間経過による珈琲の味の変化など、他人に任せていては体験できない珈琲を淹れる楽しみを味わえます。作業行程はお店の方が懇切丁寧に教えて下さるので安心です。
出来上がった珈琲を青色の美しいカップに移し、添えられたチョコレートと共に美味しく頂きました。
すっかりリラックスでき、満足してお会計を済ませ店を出ました。
特に、ふだん自分で珈琲を淹れない方は貴重な体験ができるでしょう。珈琲の味わい自体も良好で、雰囲気も良いので、珈琲がそこそこお好きで、極めて強いこだわりがある方でなければ、十分楽しめるお勧めのカフェと言えるでしょう。
前からいらっしゃった家族連れが注文されていたカレーライスがとても美味しそうでした。機会があれば、ランチでの利用も考えてみたいですね。

出典:tabelog.com

やはり、交通手段としては車がよさそうなのどかな場所にあるんですね。

人目に付きにくい場所にあるのが、隠れ家的喫茶店ですね。

隠れ家的喫茶店で、美味しいコーヒーを飲みながらゆっくりまったりと過ごしたいですね。(^^)

人生の楽園の他のお店です。

おさかのパンひこまさの場所と営業時間は?お取り寄せできる?岐阜県下呂市の人生の楽園

人生の楽園伊賀市メリ樹のコンフィチュール・ジャムが欲しい!お取り寄せ・ふるさと納税

人生の楽園で長浜市の「うどん馳走山石土平」が旨そう!場所や人気メニューは?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする