半端ない大迫サッカー W杯 !セネガル戦への必勝ポイントはマネ?

やりました! 日本勝利!

半端ない!大迫選手。ロシアで行われている2018年 FIFA ワールドカップ!

日本は初戦で競合コロンビアと対戦し、劇的勝利を収めました。

決勝トーナメント進出に向けて、初戦を白星で飾りました。

今回は、白熱したコロンビア戦の様子と気になるセネガル戦についてです。

スポンサーリンク

日本対コロンビアの試合

6月19日、パブリックビューイングが行われた東京ドームでは、一万人以上のサポーターが集結し、ロシアに向けて戦う選手に向けて熱い声援を送りました。

そして都内で行われたパブリックビューイングでは、デビット・ベッカム(元イングランド代表)が、日本代表に向けてエールを送ってくれました。

コロンビアは、 FIFA ランク16位、日本は FIFA ランク61位です。

コロンビアの方が格上です。

日本はワントップに 大迫選手を 起用しました。トップ下にはパラグアイ戦で1ゴールをマークした香川選手を起用しました。

対するコロンビアはブラジル大会で得点王となった攻撃の要である、ハメス・ロドリゲス選手をベンチスタートさせました。

日本時間午後9時日本のボールでキックオフしました。

開始早々前半3分でまさかの展開に、コロンビアにハンドが取られ日本がペナルティキックのチャンス。

PK を 香川選手が蹴り、見事に先制ゴールを決めました。

コロンビアの選手が一人退場になり、 日本は有利な形で試合を進めます。

前半終了間際、長谷部選手が相手選手を倒してしまい、コロンビアにフリーキックを決められてしまいます。

ここで、日本は同点に追いつかれてしまいました。

1-1で迎えた後半戦大迫ゴール半端ねぇ~

日本は、大迫選手や、乾選手が攻め続けましたが、なかなかゴールが決まりませんでした。

そして、コロンビアは後半14分にハメス・ロドリゲス選手を投入してきました。

後半24分に、本田選手が入り試合の流れが変わりました。

そして後半28分に日本はコーナーキックのチャンスを迎えました。

本田選手のコーナーキックから、大迫選手がヘッドで決め勝ち越しゴールを奪いました!

この後コロンビアの猛攻にも耐え、日本が歴史的勝利を収めました。

今大会、日本は初戦を勝利で飾りました。

日本2-コロンビア1です。

セネガル戦の必勝ポイントはマネ選手

セネガルはFIFAランクは27位です。

コロンビアはFIFAランク16位なので、少しだけ下になりますが、それでも日本のFIFAランク61位と比べるとかなりの格上で強い相手ですね。

セネガルはポーランドと対戦し、2-1で勝利を納めました。

セネガルは守りも予想以上に硬く、攻撃に関してもチャンスを逃さないという特徴があります。

セネガルの選手の中でも、 絶対に抑えていかないといけないのがマネ選手です。

セネガル代表  FW サディオ・マネ(26)

とにかくスピードが速いです。

スピードと、ゴールを決める決定力もあります。

マネ選手がボールを持つと、すぐにゴール前まで持っていかれてしまいます。

日本はマネ選手がスピードに乗るまでに、なんとか抑えていかなければなりません。

今回のセネガル戦では、このマネ選手を抑えることが必勝ポイントとなりそうです。

セネガルは守りも硬いため、点を取られてしまうとなかなか取り返すことが難しいと予想されます。

日本は 攻撃スタイルを変えずに、マネ選手を抑えていくことが大事なポイントですね。

決勝トーナメント進出へ 勝負の第2戦

FIFA ワールドカップ  日本対セネガル

24日  日曜  深夜0時

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする