英ロイヤルウエディングヘンリー王子が忠誠誓う?なれそめとキスとドレス裾の長さとは。

5月19日イギリス・ウィンザー城でイギリスヘンリー王子(33歳)とアメリカ女優メーガンさん(36歳)のロイヤルウェディングが行われました。

今回は、そのすてきな結婚式の様子を紹介します。

スポンサーリンク

ヘンリー王子がメーガンさんに忠誠誓う?

結婚式の会場はロンドン郊外のウィンザー城セントジョージ礼拝堂で行われました。

参列したのはイギリス王室の関係者だけでなく、デビッド・ベッカム夫妻ジョージ・クルーニー夫妻、歌手のエルトン・ジョンさんなど豪華な顔ぶれでした。

今回は参列した人々の大きな素敵な帽子も印象的でしたね。

花嫁の入場ではメーガンさんの後ろにいたのは ウィリアム王子の長女、シャーロット王女3歳と長男ジョージ王子4歳で花嫁の付添人を務めました。

そして、父親の代わりにヘンリー王子の父チャールズ皇太子が
ともにバージンロードを歩きました。

メーガンさんの父トーマスさんは心臓の手術のため欠席されました。

式にはメーガンさんの母ドリア・ラグランドさんだけが出席されました。

ヘンリー王子の元に到着したメーガンさんに

「本当に綺麗だ。素敵だよ。」

と言葉をかけました。

胸キュンですね。(^^)

そして結婚の誓いをしました。

「メーガンさんをあなたの妻としますか?」

「何よりも彼女に対し忠誠を誓いますか?」

王子「誓います。」

なぜだかここで笑いがおこります。

まあ、王子が忠誠を誓うなんてねぇ~

妻ってすごいですね。(笑)

ヘンリー王子とメーガンさんのなれそめ

1984年チャールズ皇太子とダイアナ元皇太子妃の次男として生まれたヘンリー王子。

しかし12歳の時、最愛の母ダイアナさんを事故で亡くします。
心に深い傷を負ったこの姿は人々の記憶に残りました。

一方のメーガンさんは1981年アメリカロサンゼルスで、白人の父と黒人の母の間に生まれました。

メーガンさんはアフリカ系の血を引く米国人女性で、離婚歴もあります。

ですから、イギリス王室に入ることは極めて異例のことで、千年続くイギリス王室に新しい風をもたらしました。

メーガンさんは人気ドラマに出演するなど女優として活躍していました。

イギリスの王子とアメリカ人女優の結婚二人の門出を祝し、式では「スタンドバイミー」の歌が披露されました。

ゴスペルで「スタンドバイミー」はとてもムードがありました。

ヘンリー王子とメーガンさんのふたりのなれそめは2016年に知人の紹介で知り合います。

すぐに意気投合したそうです。

二人きりでボツワナ旅行へも行きました。

そして、2017年11月婚約を発表しました。

婚約指輪は、ボツワナ産のダイヤがついたダイアナ元妃の形見です。

黒人のゴスペルグループが披露したスタンドバイミーなど、

国籍が違うロイヤルウェディングは、伝統にとらわれない新しい王室の形をあらわしています。

式で説教を行ったのは黒人として初めてのアメリカ聖公会のトップとなったマイケル・カリー総裁主教です。

愛の力について、情熱的に説教をしました。

アメリカから総裁主教が招かれるのも異例のことだそうです。

結婚式ではヘンリー王子の母元ダイアナ皇太子妃への思いも詰まっていました。

メーガンさんのブーケの中にはダイアナ元妃が好きだった「忘れな草」が使われていました。

ダイアナ元妃への敬意の意味や、その後を引き継いでいく思いも感じられました。

この花は、ヘンリー王子自らが前日宮殿の庭で摘んだものだそうです。

本当に素敵ですね。

結婚式の中で聖書朗読を任されたのは、ダイアナ元妃の姉ジェーン・フェローズさんでした。

およそ一時間半で式が終わりました。

スポンサーリンク

ロイヤルキスの長さとは

外ではみんなロイヤルキスを待ち構えていました。

チャールズ皇太子とダイアナ元妃とのロイヤルキスの時間は0.3秒でした。
ウィリアム王子とキャサリン妃の時は2回で、1回目が0.6秒、2回目が1.1秒。

ヘンリー王子とメーガンさんは、回数は一回で、0.4秒と少し長めのロイヤルキスになりました。

パレードは、式が行われたウィンザー城の周囲3.5キロのコースを回り幸せな姿をお披露目しました。

二人の幸せなお姿を見ようと集まった人々はおよそ12万人です。普段はのどかな街なんですがこの時ばかりは大盛り上がりでした。

歴史的な幸せの瞬間に多くの人が立ち会うことができました。

メーガンさんのドレスの裾の長さは

今回注目されていたのが、メーガンさんのドレスの裾の長さです。

ダイアナ元妃の結婚式のドレスでは、裾の長さは およそ7.6 m、 キャサリン妃の結婚式のドレスではおおよそ2.7m ですが、メーガンさんのドレスの長さはあまり長くなく、
その代わりベールが約5 mほどありました。

これは、付き添いの子供たちが持ちやすいようにしたのではないかと推測されています。

ドレスのお値段は4000万円近くするそうです。

ベールにはたくさんの花の刺繍が施されていて、上品なシンプルなドレスでした。

末永くお幸せに。(^^)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする