新型栄養失調をあさイチで発見して対策!体調不良の原因?予防法とは?

あさイチ(NHK テレビ月曜から金曜午前8時15分から9時54分)7/4放送「あなたは大丈夫?女性の新型栄養失調」のコーナーで新型栄養失調が紹介されます。


スポンサーリンク

何となく体調が悪い時がありますよね。

毎日料理してご飯をしっかり食べているのに、なんとなく栄養が足りていないような気分になったり。

疲れやすかったり、肌荒れを起こしたり。

風邪をひきやすかったり。

これは最近注目をされ始めた新型栄養失調というものかもしれないのです。

新型栄養失調は、ちゃんと食べていてカロリーは十分に摂っているのに実は十分な栄養が足りていないのです。

タンパク質、 ミネラル、ビタミンなどが不足すると、女性の場合深刻な貧血や骨粗しょう症、不妊などの症状が出てきてしまいます。

怖いですね。

そういえば、私も心当たりがあります。

料理は毎日ちゃんとしているつもりですが、簡単な料理ばかりがのときがあります。

そういう時は、麺類が多かったりして炭水化物中心になっていることがあります。

野菜や果物などきっちり考えて摂れているかな?

そういう時は、なんだか体調も優れないような、風邪を引いてしまうようなそんな時があります。

家族のためにも自分のためにも、栄養のことを考えるのは大事ですよね。

今回のあさイチでは、女性の新型栄養失調の対策や予防法を紹介するのでとても楽しみです。

新型栄養失調の発見をして、対策を取りたいです。

こちらで放送終了後追記していきます。

新型栄養失調

人間が生きていくためには、およそ30種類ある栄養素どれ一つ欠かすことなくしっかりと取る必要があります。

ところが、一見健康そうに見える女性たちの間でちょっとした食生活の偏りなどが原因で必須栄養素が不足し新型栄養失調に陥ってしまうケースが起きています。

働く女性を対象に行われた健康診断では、600人中鉄分不足の人が94%、カルシウム不足の人が87%にも達していました。

新型栄養失調症を放っておくと、骨粗しょう症などの骨の異変、慢性疲労、めまいなどを引き起こし、体調不良になってしまいます。

新型栄養失調+糖質に偏った食事という条件で、妊娠にも影響を及ぼす可能性があります。

医学博士の中村丁次先生によると、「30種類近くある栄養素の中でたった一つを欠乏させても病気になって最後は死ぬというのが栄養素の特徴なんだそうです。」

と言ってもバランスの良い食事を取るのは結構難しいですよね。

不足しがちな栄養素を簡単に補う

料理をしてうまく栄養を取っているつもりでも、気が付かない部分の栄養素が足りていないことがあるのです。

料理をしても使う食材が大体決まっていたり、メニューマンネリだったりしますよね。

知らず知らず栄養が偏っていることがあります。

カルシウム、亜鉛、鉄が特に 足りていません。

男性よりも女性の方が特に症状が出やすいです。

カルシウムを補う

カルシウムの不足を補うにはスキムミルクを活用するのがおすすめです。

スキムミルクはカルシウムをたくさん含んでいます。
牛乳に比べて脂肪分は少なく、タンパク質とカルシウムが豊富です。

スキムミルク活用法

1、カレーライスに混ぜる
2、卵焼きに混ぜる
3、スムージーに溶かす

昔はスキムミルクといえば、くせがあって飲みにくかったのですが、最近では味は改良されているそうです。

毎日のコーヒーにミルクの代わりにスキムミルクを使うことによって、カルシウムが取れるそうです。

お味噌汁でも

お味噌汁の豆腐を絹ごし豆腐から木綿豆腐に変えると、カルシウムの量が2倍になります。

さらに絹ごし豆腐から高野豆腐に変えれば、カルシウムが3倍から4倍になります。

鉄、亜鉛を補う

鉄、亜鉛不足で、かなりの食欲不振、貧血、などの体調不良を引き起こします。

同時にタンパク質も不足すると深刻になります。

鉄分、タンパク質が豊富な食材

1、牛、豚、鶏などの肉類

2、しじみ、あさり、さけなどの肉類

3、チーズなどの乳製品

そぼろのお肉、さけフレークをご飯にかけたり、プルーンなどを取ると鉄分を多くと摂ることができます。

亜鉛と鉄分が不足したところに炭水化物中心の食生活を送ってしまうと、特に女性は不妊につながることがあります。

亜鉛は、 体の中の糖分を一定に保つ働きがあります。
膵臓から出るインスリンの働きを亜鉛が助けています。
亜鉛なしでは機能しません。

亜鉛は年齢とともに特に不足しがちになってきます。

亜鉛を豊富に含む食品

1、かき、牛肉
2、カシューナッツ
3、納豆、チーズ

この辺りの食材を意識して摂るようにしましょう。


スポンサーリンク

トッピング食材

カットわかめ、のり、ツナ、ミックスビーンズ、ごま、鰹節、ちりめんじゃこ、桜えび、切り干し大根、高野豆腐、プルーン、ナッツなど。

これらを常備しておいてご飯や食材にトッピングしたりすることで、簡単に安く新型栄養失調の予防することができます。

新型栄養失調症の予防には、あえて高いスーパーフードを買う必要はありません。

これらの家にあるものをトッピングするだけで簡単に予防できます。

おすすめのトッピング

小松菜のおひたし+ごま油で炒った桜えび

(1日に必要なカルシウムの36%が取れる)

小松菜+しらす

(ビタミン D の1日の必要量の4割以上取れる)

ビタミン D はカルシウムの吸収を助けてくれます。

納豆+きゅうり+トマト+しそ+ごま油

これを冷奴の上にトッピングで、マグネシウムが1日に必要な25%、カリウムが1日に必要な14%も摂ることができます。

このトッピングは、骨や歯からのカルシウムが溶けだすのを防ぐビタミンk 1日に必要な82%を摂ることができます。

かなり骨に良さそうですね。

他にもヨーグルトのトッピングもおすすめです。

スキムミルク+ヨーグルト

グラノーラ+ヨーグルト

ココア+ヨーグルト

ヨーグルトにもカルシウムがたっぷりですが、こうすることでかなりのカルシウム、鉄分、亜鉛をプラスですることができます。

まとめ

新型栄養失調の対策、予防になる栄養素の摂り方を紹介しました。

せっかくたくさんのよい栄養素を摂ったのなら、たくさん体に吸収させたいですね。

食材は、大きめに切りよく噛んで食べることを意識しましょう。

よく噛めば消化・吸収がアップしますよ。

体調を整えるためには、かなり栄養の質が大事なんだとわかりましたね。

あさイチで七夕飾りの作り方!レースペーパーで?織姫と彦星を簡単手作りマスコット!

あさイチで菜箸の魅力紹介!キッチングッズ向上委員会で正しい使い方とこだわりを?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする