あさイチでサンダルの困りごと解決!お手入れ方法と履きやすい人気のトレンドは?

あさイチNHK (テレビ月曜から金曜午前8時15分から9時54分)7/3放送の「クイズとくもり サンダルのお困りごとよ!さようなら」のコーナーでレディースサンダルの特集です。

梅雨が明けるとそろそろサンダルを履きたくなりますね。

夏はサンダルの季節ですが、サンダルも意外と困りごとがありますよね。

スポンサーリンク

例えば街にショッピングに出かけた時、サンダルの紐が擦れて靴擦れを起こしてしまったりしませんか?

特に、新しいサンダルを履いて、長い距離を歩くと靴擦れを起こして痛くなってしまいます。

私は硬いひものサンダルの時、特に痛くなります。

あとデザインによっては、サンダルのひもの引っかかりが弱くてカパカパして歩きづらいこともあります。

久しぶりにサンダルを出してきたら、かなり汚れてしまっていて「今年履くのは嫌だな」と思ってしまったり。

サンダルは毎年汚くなるから、買い替えるものなのかな?

お気に入りのサンダルは、ワンシーズンだけではなくもっと履きたいです。

それから、サンダルを履いている時には分からない汚れでも、ちょっと人のお家にお邪魔したときに脱いだら、 くっきり足の型の汚れがついていてとても恥ずかしかったりしますよね。

そう考えると、おしゃれなサンダルもちょっと悩ましいですね。

今回のあさイチでは、サンダルの困りごとを解決できそうな特集です。

サンダルのお手入れの方法や、一日中履いても痛くならない履きやすいサンダルの選び方、夏の人気のトレンドのサンダルコーデも紹介されます。

楽しみです。

毎年悩むサンダルの困りごとを 解決しましょう。

あさイチ終了後この記事で追記していきます。

夏のサンダルのトレンドは

夏のトレンドサンダルのキーワードはぺたんこ、 スポーティ、ヌーディーカラーです。

ぺたんこサンダル

フラットな形が特徴的なぺたんこサンダル、中でもワンバンドタイプが今年の大注目です。

ぺたんこサンダルコーデには、ミディアム丈のスカートよりも細めのパンツを合わせるほうが合います。

上半身はゆったり、下半身は細めのパンツを合わせます。

スポーティサンダル

人気のスポーツサンダルがおしゃれに進化しました。

デザイン性と履きやすさを兼ね備えています。

スポーティーサンダルのコーデでは、デニムなどのスポーティーな服を合わせてしまうと、幼くなりすぎるので、ガーリーなロングスカートを合わせるほうがいいです。

ヌーディーカラーサンダル

ベージュや、 淡いゴールドなどの色合いが素足と一体化して脚長イリュージョンが起こせます。

ヌーディカラーサンダルのコーデは、足首まであるワイドパンツと合わせるよりも、ミディ丈のワンピーススタイルが相性がいいです。

脚長効果には、脚を隠し過ぎずある程度出した方がいいです。

ひざ下を出しましょう。

スポンサーリンク

サンダルのトラブル 痛みの原因

サンダルを履いているトラブルで多いのが、 かかとの痛み、指が飛び出る、など。

痛いのを我慢して履いている状態が多いです。

サンダルは靴の種類の中で一番トラブルが出やすいのです。

靴と違いサンダルはベルトなどで足を押さえています。

その上、素足などで履くことが多いので、肌が擦れて靴擦れや、まめができることが多いです。

サンダルのトラブルの原因は、サイズが少し大きすぎて合っていない場合があります。

前にずり落ちてしまっている状態です。

そういう時は、中に滑り止めの敷きパッドを入れてあげると足の落ち込みを止めてくれるので痛くなりにくくなります。

靴擦れのばんそうこうの貼り方

外出先でよく 起こるのが靴擦れですが、ばんそうこうを貼りますよね。

でもすぐに取れてしまうことがあります。

でもばんそうこうが 剥がれにくい貼り方があります。

かかとの靴擦れに貼るばんそうこうのかたちをバッテン×にするといいです。

ポイントは肌なじみの良さと伸縮性です。

かかとが丸いので、丸いものに平らなものを貼るとたくさんのシワがよってしまいます。

その点バッテン型 はあまり伸びシワが寄らないので、はがれにくいのです。

ばんそうこうを貼るのは応急処置」なので、家に帰れば、雑菌が増えないように傷口を洗うようにしたほうがいいそうです。

サンダル選びのポイント

自分の好みで可愛いからといって、 無理して合っていないサンダルを買ってしまうことがあります。

でも結局、 サイズが合ってなくて履けなかったりします。

自分の足に合うサンダル選びは重要ですね。

サンダルを選ぶときのポイントは三つあります。

つま先、幅、かかとです。

横幅

足の一番幅広な部分がしっかり乗ることが重要です。

つま先

先端が、5mmほど余裕があるものを選びます。

ギリギリのものだと、足の指が地面に擦れたりして怪我をする危険性があります。

かかと

かかとは、2~3mmはみ出るくらいがよいです。

ヒールのあるサンダルはかかとが前に行きがちです、後はしっかりヒールにしっかり塗るものを選びます。

少しはみ出るくらいがちょうどいいです。

サンダルのストラップの穴にも注意をしましょう。

バックストラップサンダルのベルトの穴は三つが多いのですが、真ん中の穴に合わせてサイズを確認しましょう。

ゴムが付いているので履いていると緩んできたりするので、 サイズが合わなくなってしまいます。

サンダルのステッチの入っている上下の部分はどうしても馴染んで、柔らかくはならないので、初めからその部分が当たって痛いサンダルは買わない方がいいです。

試し履きは、必ず行います。できるだけ 多く歩いて納得いくまで試しましょう。

足踏みだけではわからないことが多いので、硬い床を 歩いてみる方がいいです。

サンダルの痛みは、 前にずり落ちることによって痛みが出ることが多いので、アンクルタイプ、 足首をベルトでとめれるようなものがおすすめです。

滑り止めパットもおすすめです。

スポンサーリンク

サンダルのお手入れ方法

お気に入りの愛用のサンダルが臭くなってしまうことがありますね。

なぜサンダルは臭くなるんでしょう?

足は体の他の部分と比べると3倍以上の汗をかくそうです。

この大量の汗が、 臭い匂いと関係があります。

足裏の角質の中にはたくさんの細菌が住みついています。

細菌は、暖かく湿った環境が大好きで、汗で蒸れると増殖して臭いもきつくなります。

裸足でサンダルを履いているので、サンダルに細菌がついてサンダルは臭くなってしまいます。

お手入れには重曹を使います。

水100mlに対して重曹小さじ1を溶かして重曹水を作ります。

これをサンダルの内側にスプレーをして乾かします。

これで臭いはすっきり取れます。

汗や皮脂の汚れはもともと酸性です。重曹水は「弱弱アルカリ性」なので、重曹水をかけることによって中和させて臭いの元を除去します。

これで簡単に臭いが消せるなんて嬉しいですね。

中敷きの黒ずみの汚れ

中じきの黒ずみ汚れには、消しゴムが役立ちます。

サンダルについた黒ずみを消しゴムでこすります。

サンダルの素材が、皮や合皮でもきれいにこすり落とすことができます。

しつこい汚れには、台所用の中性洗剤を使います。

台所用中性洗剤は汚れを落とすので素材をあまり痛めません。

水100ミリリットルに対し中性洗剤小さじ1を加えて洗浄水を作ります。

使い古しの極細の歯ブラシを使って、しわの奥の汚れを書き出すイメージでこすります。

汚れが落ちたら、風通しの良い場所で陰干しをして出来上がりです。

におい防止術

1日履いたら2日陰干し!

陰干しで湿気を取ることで細菌の繁殖を抑えられます。

新聞紙は一晩で交換する!

新聞紙で湿気を取るのは有効なのですが、必ず一晩で交換した方がいいです。

使い続けると湿気が戻ってしまいます。

ドライヤーで冷風をあてる!

細菌は乾燥に弱いのでドライヤーをあてるのも良いのですが、素材を痛めてしまう可能性があるので冷風で当てるほうがいいです。

意外と身近なものを使ってお手入れできるんですね。

私も、去年のサンダルの汚れを消しゴムでこすってみよう!

あさイチで七夕飾りの作り方!レースペーパーで?織姫と彦星を簡単手作りマスコット!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする